臨床心理士資格試験~精神分析の発達理論~

試験対策

この記事は、臨床心理士資格試験の1次試験の対策ページです。

今回は「精神分析の発達理論」に関する問題を取り上げています。

出題のポイント

 「精神分析の発達理論」に関する問題は、臨床心理士資格試験においては、どのように出題されるのでしょうか?過去問の傾向を見ると、以下のポイントはおさえておきたいところです。

  1. エリクソンのライフサイクル
  2. ホリングワースが唱えた概念
  3. マーラーが唱えた概念
  4. パーテンが唱えた概念

問題①~エリクソンのライフサイクル~

Erikson,E.H.は、青年期の発達課題を「生殖性対停滞」とした。

問題②~ホリングワースが唱えた概念~

Hollingworth,L.S.は、青年期に親への依存から脱却することを分離不安と呼んだ。

問題③~マーラーが唱えた概念~

Mahler,M.S.は、15~24カ月の幼児に心理的離乳が生じるとした。

問題④~パーテンが唱えた概念~

Partenは、幼児の自由遊びを観察し、遊びの発達分類カテゴリーを何もしていない行動、1人選び、傍観者的行動、平行遊び、連合遊び、組織的遊びの6つに分類し、「遊びの分類発達カテゴリー」を作成した。

答えと解説~臨床心理士試験の過去問傾向をまとめたアプリ~

答えと解説が知りたい方は↓こちら(=゚ω゚)ノ

コメント

タイトルとURLをコピーしました