臨床心理士資格試験~少年法~

試験対策

この記事は、臨床心理士資格試験の1次試験の対策ページです。

今回は「少年法」に関する問題を取り上げています。

出題のポイント

 「少年法」に関する問題は、臨床心理士資格試験においては、どのように出題されるのでしょうか?過去問の傾向を見ると、以下のポイントはおさえておきたいところです。

  1. 特定少年の逆送
  2. 特定少年の推知報道
  3. 特定少年の収容期間
  4. 観護措置の期間
  5. 保護観察の期間
  6. 保護観察中の遵守事項違反
  7. 原則逆送
  8. 触法少年
  9. 触法少年の逮捕・勾留

少年法~特定少年について~

◆以下の事件において、Aさんが家庭裁判所に送致されてからの手続きとして言えることの正誤を答えよ・

某有名企業に勤務する、男性会社員が飲み会帰りに、向かいからくる自転車に乗った人物にバッグを丸ごと奪われるという強盗事件が起きた。警察の調べにより、この事件はAさん(19歳)によるものだということが判明した。

問題①~特定少年の逆送~

【Aさんの手続きとして言えること】
Aさんは特定少年ではあるが、この事件は逆送の対象ではない。

問題②~特定少年の推知報道~

【Aさんの手続きとして言えること】
 Aさん(19)は特定少年であるので、公開の法廷で刑事責任を追及される立場となった場合に、
実名報道の禁止が解除される。

問題③~特定少年の収容期間~

 Aさん(19)が少年院送致となった場合、在院中に20歳に達したからといって、少年刑務所に移るわけではない。

問題④~審判の傍聴~

 この事件の場合、被害者などからの申し出があれば、Aさんの審判を傍聴することが認められる可能性がある。

問題⑤~観護措置の期間~

観護措置による少年鑑別所への収容期間は、どんなに長くても最長4週間である。

問題⑥~保護観察の期間~

 家庭裁判所の決定において、Bさん(19歳)が審判で保護観察となった場合、期間は言い渡しの日から2年間である。

問題⑦~保護観察中の遵守事項違反~

 保護観察となった少年が、保護観察期間中に遵守事項違反を続けても、少年法では、少年院送致とすることはできない。

問題⑧~原則逆送~

Cさん(17歳)は、学校で教員とうまくいかず、通りすがりに肩ががぶつかった見知らぬ男性を路地に連れ込み暴行し死に至らしめてしまった。この場合、Cさんは原則逆送の対象である。

問題⑨~触法少年~

 現在13歳のCさんは、触法少年であり、仮に暴行した被害者が死亡した場合でも犯罪少年とはならない。

問題⑩~触法性根の逮捕・勾留~

 現在13歳であるCさんが、暴行事件を起こし被害者が死亡した場合、警察はCさんを逮捕・勾留することはできない。

答えと解説~臨床心理士試験の過去問傾向をまとめたアプリ~

答えと解説が知りたい方は↓こちら(=゚ω゚)ノ

コメント

タイトルとURLをコピーしました