ロールシャッハ・テストにおける反応内容の分類

心理検査

こんにちは。

クリタマ です。

この記事では、ロールシャッハ・テスト(片口法)における反応内容の分類についてまとめています。

ですので、次のような方は、こちらをブックマークしてください。

  • 反応内容の記号の意味をど忘れして思い出せない
  • そもそも反応内容の記号の分類や意味をわかってないので勉強したい

それでは本編です。

ロールシャッハ・テストにおける反応内容の分類の全体像

第一に、反応内容の全体像を確認しておく必要があります。

反応内容の分類は、大きく次の6つです。

  1. 人間に関連する反応
  2. 動物にする反応
  3. 植物に関連する反応
  4. 自然・物体・地図に関連する反応
  5. 芸術・抽象に関連する反応
  6. その他の反応

⬇︎全体マップを作成したので、こちに沿って、1つずつ確認していきます。

人間に関連する反応

第一に、人間に関連する反応です。

人間に関連する反応は、結構多いので、実際に検査をする上ではよく覚えておく必要があります。

人間に関する反応分類は以下の項目があります。

  •  H ・・・人間反応
  • (H)・・・非現実的人間反応
  • Hd・・・人間部分反応
  • (Hd)・・・非現実的人間部分反応
  • At・・・解剖反応
  • Sex・・・性反応
  • Anal・・・肛門反応

全体の位置づけを⬇︎こちらで確認した上で、各分類の具体例をみていきましょう。

H・・・人間反応

人間反応の分類は、以下の基準に沿ってなされます。

これは現実的な人間をみた反応で、その全身あるいは、ほとんど全身を含むとみなされれる反応に対して与える

(引用:片口安史(監)(1993).ロールシャッハ・テストの学習 片口法スコアリング入門 金子書房p.98)

人間反応の具体例は?

とはいえ、これだけでは、中々わかりづらいので、具体的に、臨床心理士資格試験の問題や模擬試験の問題を参考にして、アレンジしたものを具体例として示していきます。

  • Ⅱカード⇨ふたりの人が手を合わせてる。タッチしている。
  • Ⅲカード⇨二人の人がダンスしてる。楽しそうに会話しる人たちがいる。
  • Ⅶカード⇨女の子がシーソーに乗ってキャッキャしてる。
  • Ⅸカード⇨和やかな、おっとりした雰囲気の人がいる。
  • Ⅹカード⇨ドラえもんの着ぐるみを着た人が何か持ち上げてる。

(H)・・・非現実的人間反応

非現実的人間反応の分類は、以下の基準に沿ってなされます。

「鬼ばば」「ゆうれい」「一寸法師」のように非現実的な、人間あるいは人間類似のものであり、他はHと同じ条件をそなえている反応である。「人形」「人間の彫像」もここに含む

(引用:片口安史(監)(1993).ロールシャッハ・テストの学習 片口法スコアリング入門 金子書房p.98)

非現実的人間反応の具体例は?

こちらも、具体的に、臨床心理士資格試験の問題や模擬試験の問題を参考にして、アレンジしたものを具体例として示していきます。

  • Ⅹカード⇨地獄への入り口に立ってる人。閻魔様。

(H)非現実的人間反応の例はあまり見つけられなかったので、過去問解いていく中で、他にも例があれば更新していきますが、読者の皆様におきましても具体例を見つけた方はぜひコメントをお寄せください。

ちなみに、先ほどの「H 人間反応」で「ドラえもんの着ぐるみを着た人」という例がありましたが、あれも「ドラえもん」のような反応であれば、「(H)非現実的人間反応」ということになるのでしょうね。

Hd・・・人間部分反応

「Hd 人間部分反応」の分類は、以下の基準に沿ってなされます。

これは文字どおり「人間の手」「人の頭」などを含むが、これらの手や頭は、解剖によって分解されたものであってはならない

(引用:片口安史(監)(1993).ロールシャッハ・テストの学習 片口法スコアリング入門 金子書房p.98)

人間部分反応の具体例は?

人間部分反応の具体例には、⬇︎このようなものがあります。

  • Ⅳカード⇨道を渡っている人の足
  • Ⅶカード⇨豚の顔が岩盤にくっついてる。

(Hd)・・・非現実的人間部分反応

「(Hd) 非現実的人間部分反応」の分類は、以下の基準に沿ってなされます。

これは「ゆうれいの手」「テングの面」などである。

(引用:片口安史(監)(1993).ロールシャッハ・テストの学習 片口法スコアリング入門 金子書房p.98)

非現実的人間部分反応の具体例は?

人間部分反応の具体例には、⬇︎このようなものがあります。

  • Ⅰカード⇨山姥の顔

「(Hd)非現実的人間部分反応」に関しては、あまり具体例が見つけられませんでしたが、まあなんとなくわかりそうですね。

At・・・解剖反応

「At 解剖反応」の分類は、以下の基準に沿ってなされます。

「解剖」「手術」「レントゲン写真」「解剖図」などである。

(引用:片口安史(監)(1993).ロールシャッハ・テストの学習 片口法スコアリング入門 金子書房p.98)

解剖反応の具体例は?

解剖分反応の具体例には、⬇︎このようなものがあります。

  • Ⅱカード⇨生理中の子宮
  • Ⅸカード⇨骨格?緑の部分がそんな感じ

Sex・・・性反応

「Sex 性反応」の分類は、以下の基準に沿ってなされます。

「陰茎」「膣」その他の性器を指摘した場合、また「性交」に関係した反応にも、この分類を与える

(引用:片口安史(監)(1993).ロールシャッハ・テストの学習 片口法スコアリング入門 金子書房p.98)

性反応の具体例は?

臨床心理士資格試験の過去問、模擬試験においては、今の所、僕が目を通した範囲では見つけられていません。

読者の皆様でそのような問題を見つけた方がいらっしゃいましたら、コメントお待ちしてます。

Anal・・・肛門反応 

「Anal 肛門反応」の分類は、以下の基準に沿ってなされます。

単純な肛門と、臀部の一部としての肛門などを含む

(引用:片口安史(監)(1993).ロールシャッハ・テストの学習 片口法スコアリング入門 金子書房p.98)

肛門反応の具体例は?

臨床心理士資格試験の過去問、模擬試験においては、今の所、僕が目を通した範囲では見つけられていません。

読者の皆様でそのような問題を見つけた方がいらっしゃいましたら、コメントお待ちしてます。

というか、性反応とか肛門反応って出題しづらいのかもしれませんね(笑)

動物に関する反応

続いては、動物に関する反応です。

「動物の身体あるいは身体の部分、それに動物の解剖に関するもの、動物の毛皮の製品などを、個々にとりあげておこう」

(引用:片口安史(監)(1993).ロールシャッハ・テストの学習 片口法スコアリング入門 金子書房p.98)

動物反応の詳しい分類については⬇︎別記事にて詳しく解説してます。

植物に関連する反応

第3に、植物に関連する反応です。

植物反応の分類は以下のようになされます。

ただ、臨床心理士資格試験においては、人間反応と動物反応が中心であり、植物反応について突っ込んで問われるような問題はないのかと。

「花」そのもの、あるいは「花」に関連した反応をPl.fとし、「花」以外の植物に関連した反応をplとする

(引用:片口安史(監)(1993).ロールシャッハ・テストの学習 片口法スコアリング入門 金子書房p.99)

そして、この引用文章からもお分かりの通り、植物に関する反応分類は2つだけです。

Pl.f ・・・花反応

「Pl.f 花反応」の分類は、以下の基準に沿ってなされます。

人間反応とか動物反応と違ってシンプルでわかりやすいですよね。

「花」「花畑」「花図鑑」など

(引用:片口安史(監)(1993).ロールシャッハ・テストの学習 片口法スコアリング入門 金子書房p.99)

花反応の具体例は?

この反応については、具体例が必要ないくらいにシンプルかと思いますが、読者の皆様でそのような問題を見つけた方がいらっしゃいましたら、コメントお待ちしています。

Pl ・・・植物反応

「Pl 植物反応」の分類は、以下の基準に沿ってなされます。

「「木」「木の根」「葉っぱ」「ダイコン」「サボテン」など」

(引用:片口安史(監)(1993).ロールシャッハ・テストの学習 片口法スコアリング入門 金子書房p.99)

植物反応の具体例は?

臨床心理士資格試験の問題集などを参考にして、僕の方でアレンジしたものを具体例として紹介します。

  • Ⅳカード⇨大きな木ですね。でも、腐ってる感じ。
  • Ⅷカード⇨お花。とても色鮮やか。 👈これってPl.f反応なんじゃないかと思うんですが、試験問題だとPlになってましたね。その辺の区別はもはや問題にはならないくらいに些細なことなんでしょうね(笑)

自然・物体・地図に関連する反応

第4に、自然・物体・地図に関連する反応です。

自然・物体・地図に関連する反応分類は⬇︎別記事にて詳しく解説してます。

芸術・抽象に関連する反応

第5に、芸術・抽象に関連する反応です。

芸術・抽象反応の分類は以下2通りです。

覚えるのは、植物反応並みに楽ですが「Abst 抽象反応」は臨床心理士資格試験においてもよく目にするので、覚えておくと良いかもしれません。

Art・・・芸術反応

「Art 芸術反応」の分類は、以下の基準に沿ってなされます。

「これはピカソの絵です」「きれいない水彩画だ」などの反応で、特定の対象を含まず、しかも漠然とした内容のものに、この分類を与える

(引用:片口安史(監)(1993).ロールシャッハ・テストの学習 片口法スコアリング入門 金子書房p.99)

芸術反応の具体例は?

この反応については、臨床心理士資格試験の過去問、模擬試験においては、僕が目を通した限りで見つけられていません。

読者の皆様でそのような問題を見つけた方がいらっしゃいましたら、コメントお待ちしています

Abst・・・抽象反応

「Abst 抽象反応」の分類は、以下の基準に沿ってなされます。

「これは人生です。赤いところは歓喜を表しているし、青いところは哀愁を表している」のような反応

(引用:片口安史(監)(1993).ロールシャッハ・テストの学習 片口法スコアリング入門 金子書房p.99)

抽象反応の具体例は?

すでに述べましたが、抽象反応は臨床心理士資格試験の問題でもよく目にしますので、参考にしてみてください。

  • Ⅲカード⇨中央の赤い部分は、自分の将来の方針
  • Ⅶカード⇨踊ってるのは、何かの文化的なシンボル
  • Ⅷカード⇨人間の悪意がみえる
  • Ⅷカード⇨華やかな色は、人生の、嬉しさや悲しさを表してる
  • Ⅸカード⇨落ち着く色。心の温もりを感じる
  • Ⅸカード⇨色の感じから、神聖な空間が見える
  • Ⅸカード⇨炎が青や黄色に変化している。もしかしたら炎ではない何かかもしれない
  • Ⅹカード⇨悲惨さと希望が溢れてる
  • Ⅹカード⇨人生、その人の生き方次第ということを物語った様子

その他の反応

第6に、自然・物体・地図に関連する反応です。

その他に関連する反応分類は⬇︎別記事にて詳しく解説してます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました